全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底|宇都宮市 交通事故治療

2018年04月16日

春の交通安全県民総ぐるみ運動の期間中、道路にのぼりもあり、呼びかけていましたね!

 

今回は、シートベルト・チャイルドシートの着用について見直してみましょう。

 

まずは、シートベルトを正しく着用しないと、

・車内で全身を強打する

・同乗者と衝突する

・車外に放出する

など、乗車している全員が被害を受ける危険性が高くなります。

 

※シートベルト非着用だった14人のうち、11人がシートベルトをしていれば助かったというデータも出ています。

 

 

そして、チャイルドシートの重要性についてもお伝えしたいと思います。

 

 

まだ小さいし、抱っこでもいいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、

国土交通省の調べによると、交通事故が起こった時にチャイルドシートを使用してない場合は、子供の死亡率が2倍にもなるそうです。

平成12年4月から6歳未満の子供へのチャイルドシートの着用が義務付けられています。

赤ちゃんや小さなお子さんの命を守るために、しっかりとチャイルドシートを着用し、大切な命を守ってあげて下さいね(^^)

 

 

事故の治療 むちうち・後遺症

示談交渉のサポートまでお任せ下さい!

http://www.sizendou-koutuujiko.com/

交通事故治療のことなら自然堂グループ!

一人で悩まず、まずはご相談下さい!