ぎっくり腰 どうしてなるの?|宇都宮市の整骨院なら自然堂整骨院

2018年01月12日

こんにちは!自然堂整骨院です。

ここのところぎっくり腰で来院される患者様が多くおられます。

 

重いものを持ち上げたときなどよく耳にしますが、実は日頃の何気ない動作でも起こることがあります。顔を洗ったとき、くしゃみをしたとき、椅子に座っているとき、寝ている状態から身体を起こそうとしたときなど。経験者でないとわからない激痛が走ります。

腰がどのような状態になっているかというと、腰を支える靭帯(じんたい)や筋肉に急に負担がかかり、断裂を起こして、それが神経を刺激しています。

ぎっくり腰になってしまったら・・・

冷湿布か温湿布か迷うところですが、靭帯や筋肉の断裂により出血や炎症を起こしているケースでは、一般的には消炎作用のある冷湿布のほうが適しています。お風呂などで温めるのは逆効果になりがちなので、最初のうちはあまり温めないようにします。痛みがあるときはマッサージなどするのは避けてくださいね!

 

なぜ、ぎっくり腰になるのでしょうか。

それは「疲労です」

ストレス、運動、食事、睡眠 などの影響もあります。

運動不足で血液の循環が悪くなっていたり、また運動のしすぎで過度の負担がかかっていたり。また、食事も関係があるのです。胃腸や肝臓が弱っていると内臓をかばおうと身体が歪み、腰に負担がかかってきます。しっかり睡眠をとり、身体に疲労を残さないことも重要です。

自然堂整骨院では「寝たままシェイプ」といって、寝ながらにしてインナーマッスルを鍛えるマシンがあります。20分で6000回分もの腹筋運動に相当します。

これをすることにより腰回りの筋力が鍛えられ「天然コルセット」が作られぎっくり腰の予防や慢性的な腰痛の解消もされます。

ぎっくり腰でお困りの際は自然堂整骨院へご相談ください。

 

ご予約、お問い合わせは

☎028-680-5380 またはホームページお問い合わせフォームより送信ください。

自然堂整骨院