飲酒運転根絶の日|宇都宮 今泉 整体 交通事故

2016年09月23日

秋の交通安全 県民総ぐるみ運動 3日目!!

本日は飲酒運転根絶の日です!!

飲酒運転事故は年々減少しているものの、近年では下げ止まり傾向にあり、依然として飲酒運転による悲惨な事故は後を絶ちません。

 飲酒運転は極めて悪質・危険な犯罪です!

 国民の皆さん一人一人が「飲酒運転を絶対にしない、させない」という強い意志を持ち、 飲酒運転を根絶しましょう!!

 

飲酒運転はなぜ危険なのか?

 アルコールは”少量”でも脳の機能を麻痺させます!

 飲酒運転は、 アルコール分を体内に保有した状態で運転する行為です。

 アルコールには麻痺作用があり、脳の働きを麻痺させます。

一般に「酔う」とは、血中のアルコール濃度が高くなることにより、 大脳皮質の活動をコントロールしている大脳下部の 「網様体」が麻痺した状態を言います。お酒に酔うと、顔が赤くなる、多弁になる、 視力が低下するなどの変化が現れ始め、さらに知覚や運転能力を司る部分が抑制される ことにより、同じ話を繰り返したり、足元がふらついたりします。

 このように、飲酒時には、安全運転に必要な情報処理能力、注意力、判断力などが 低下している状態になります。

・気が大きくなり速度超過などの危険な運転をする

 ・車間距離の判断を誤る

・危険の察知が遅れたり、危険を察知してからブレーキペダルを踏むまでの時間が長くなる

など、 飲酒運転は事故に結びつく危険性を高めます!!

 

 飲酒したら絶対に車両等を運転してはいけません!

 

事故でお困りのことがありましたら、

交通事故の治療ができる治療院 自然堂整骨院まで

028-680-5380