MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故の治療ができる病院 > むち打ちについてのメカニズム 交通事故専門治療院

むち打ちについてのメカニズム 交通事故専門治療院

2016.09.14 | Category: 交通事故の治療ができる病院

そもそもむち打ちとはどういったものなのでしょうか?

むち打ちの原因は、

外からの強い衝撃・不意打ちでの衝撃・身構えることができないような速い衝撃

これらは、日常の中で頻繁に遭遇するものではありませんが、

代表例としてよく知られているのが交通事故による「むち打ち損傷」。

むち打ちによる外傷は、筋肉がショックを和らげるための防御をする間もなく衝撃が首を伝わることで、頸椎(=首の骨)に直接ダメージを与えてしまうのが最大のポイント。そのため頸椎に強い炎症を起こし、それが首の痛みや腕・手のしびれの原因となります。

また、強い衝撃が首に加わることにより、正常時はやや前傾しているはずの頸椎のカーブが減少し、ストレートネック(=真っ直ぐな首)という状態を引き起こすケースも。この状態は身体にとって極度の緊張を強いることとなり、次第に腰痛や肩の痛み、頭痛、吐き気、背中のハリ感など全身症状へとつながっていってしまいます。

実は「むち打ち症」は原因や症状により4種類のタイプに分けられます。

1. 頸椎捻挫型

首の周りの筋肉や靱帯の捻挫によって出る症状。
首を動かすと痛み、首や肩の動きが制限されることも。

2. 根症状型

脊髄から枝分かれした神経が圧迫されて出る症状。
腕や手の痛み、しびれ、だるさ、後頸部の痛みなど。咳やくしゃみ、いきんだ時、また首や肩を一定方向へ動かした時(多くは首をそらした時)に症状が強くなる。

3. バレ・リュウー症状型(後部交感神経症候群)

脳に栄養を送る椎骨動脈の血流低下に伴う症状。
頭痛、目のかすみ、眼精疲労、めまい、耳鳴り、吐き気など。喉の違和感、声のかすれ、胸部の圧迫感が出ることも。

4. 脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)

髄液圧が急上昇した際にクモ膜が裂け、脳脊髄液が減少して起こる症状。
天候と気圧変化によって症状が変化します。
安静にしていると自然治癒することが多いのも特徴です。
 

そんなむち打ちを放置しておくのはとても危険!!

初期段階では首・肩のハリ感や軽度の疲労感だけであったとしても、次第に腕や手のしびれ、頭痛、めまい、腰痛、脚のしびれ等、様々な症状を引き起こしかねません。
さらに、そのまま放置すると、こうした症状が全身化、もしくは慢性化!

中には受傷後から長期間、最悪の場合は数十年経っても症状が治まらないと訴える方も!

 

手足にしびれ、だるさ、首の筋の張り、首や肩が熱っぽいなど…

このような症状がある方、

もしくは皆さんの周りでこのような症状をお持ちの方がいらっしゃる、

思い当たることがありましたら一度当院までご相談ください。

 

次は、むち打ち治療についての皆さまの疑問を解消していきます!!

当院の情報

                                            
院名自然堂整骨院
院長小菅 裕之
診療項目骨盤矯正,交通事故治療,肩こり,腰痛,むちうち 等
所在地〒321-0962 栃木県宇都宮市今泉町2543-61
電話番号028-680-5380
最寄り駅JR宇都宮駅
連絡方法電話・お問い合わせフォーム
駐車場12台完備
営業時間9:00~12:00/15:00~20:00
休診日日曜午後
URLhttp://sizendou-seikotuin.com