交通事故 むちうち治療

2016年09月14日

今回はむち打ちについてお話させていただきます。

たとえご自身に経験はなくても、「むち打ち症」という言葉は誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

それだけ身近な症状でも、意外と知られていない「むち打ち症」。
そこで今回は、当院が最も得意とする専門分野のひとつ「むち打ち症」を取り上げ、そのメカニズムから治療法に至るまで詳しく解説させていただきます。

 

まず「むち打ち症」の特徴として挙げられるのは、交通事故による受傷直後にあまり症状が現れないこと。

病院でレントゲン検査やMRI等の画像検査を受けられても、

多くの場合は『骨に異常なし』・・つまり、骨折や脱臼等が無いと診察され、湿布や鎮痛剤(痛み止め)等を処方されるだけというのが現状です。

その結果、適切な処置がなされず、次第に腫れやしびれ、首や背中のハリ感、腰痛、また脚のしびれ等、広範囲にわたって症状が現れることも(>_<)

 

事故後から続く頭痛やひどいコリ、続く首や腰の痛み、強い疲労感、手足のしびれ

etc…

 

これらの症状でお悩みなら、ぜひ一度自然堂整骨院へ。

どうして痛みやしびれが起こっているのか、それらを根本から究明してお一人お一人にあった治療を施し、身体を正常な状態へと導きます。

 

次はむち打ちについてのメカニズムを説明させていただきます!!