秋の交通安全 県民総ぐるみ運動

2016年09月13日

今月の21日水曜日から30日金曜日まで、

秋の交通安全県民総ぐるみ運動が始まります!!

 

運動の全国重点は

①夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
(特に、反射財用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底)
②後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
③飲酒運転の根絶

 

栃木県の重点は

「子どもや高齢者に優しい3S運動」の推進

ドライバーに、SEE(見る)、SLOW(減速する)、STOP(止まる)の3S運動の実行を求め、子供や高齢者等に優しい運転を心掛けることで交通事故の防止を図ります。

 

だんだんと日が暮れるのが早くなってきているので、

自転車利用の方、車利用の方は早めにライトを点灯し、交通事故防止に努めましょう。

歩行者の方は自分の姿を早くドライバーに気づいてもらう為に、夕暮れ時や夜間に外出する時は明るい色の服を着用したり反射材などを利用してアピールすることが大切です。

 

シートベルト・チャイルドシートは、もしもの時の命綱です。

後部座席を含めた全ての座席でのシートベルトの着用を徹底しましょう!!

 

重大事故に直結する悪質・危険な犯罪であるにもかかわらず、飲酒運転がいまだに後を絶ちません。

さらに、飲酒運転は運転者本人や同乗者、お酒や自動車などの提供者が厳しく罰せられるだけでなく、その後の人生を大きく狂わせる結果になります。国民の皆さん一人ひとりが「飲酒運転を絶対にしない、させない」ことを徹底し、飲酒運転を根絶しましょう。

 

3S運動の推進

SEE(見る)…夕暮れから夜間にかけて歩行者や自転車の発見が遅れがちです。

        夜間は速度を落として、早めの発見に努めましょう。

SLOW(減速する)…歩道や道端を歩いたり、自転車に乗っている子供や高齢者を見かけたら必ず減速し、

            その動きには細心の注意を払いましょう。

STOP(止まる)…道路で立ち止まったり、横断中の子供や高齢者を見かけたら、ためらわずに停止しましょう。

 

マナーアップ!あなたが主役です!!

待合室にも掲示させていただいていますので、是非ご覧ください^^

 

交通事故でお悩みのことがありましたら、自然堂整骨院までお問合せ下さい。

交通事故、後遺症に関するお悩みなら、どういったことでも結構です。
ぜひ当院へご相談ください!