宇都宮 無理なく健康的にメディカルファスティングができる整骨院 「マゴワヤサシイ」を取り入れた食事法 健康に役立つ整骨院

2014年06月25日

こんにちは、自然堂整骨院の池田です。宇都宮の最近のお天気はまぁ~わからないですね(^_^;)気圧の変化でちょっと頭痛が…という方も多いのでは?おうちに帰ってゆっくり体を休めましょう♪

スタッフみんなでメディカルファスティングが終え、もうすぐ1週間が経とうとしています。私、池田は食生活が今までとがらっと変わりました。大きな変化は、白米から玄米ご飯に、お肉からお魚を食べるようになりました。今まで自分で焼いてまで魚を食べたいと思わなかったのですが、「マゴワヤサシイ」の食生活になり、積極的に食べるようになりました。なんで今まで食べてこなかったのだろう…と思うほどです(>_<)

玄米も体に良いのは知っていましたが、食べ方がわからないのと、何か抵抗がありました。焼き魚も、魚を焼くのが面倒くさい、焼いた後のお掃除が面倒くさいと思って避けていました(๑≧౪≦)ただ本当に考え方が変わりました!!

この時代、玄米も簡単に炊けることを知りました。魚もフライパンで焼き魚が美味しく焼けるのです。「お魚用クッキングホイル」是非お店で探してみてください!!フライパンに専用ホイルを敷いて魚を焼くだけ(๑≧౪≦)後は両面焼き色が付き、火が通れば美味しい焼き魚ができます♪そしてお手入れが何より簡単(*゚▽゚*)ホイルを捨てるだけ!!フライパンも綺麗なまんま♡

私はこうして焼き魚を克服しました!!本当にオススメです(^-^)

 

今日は、ファスティング中に役立つ③つの栄養素をわかりやすくお伝えします。

皆さんは「MSM]・「マグネシウム」・「L-カルニチン」と言う成分を耳にしたことはありますか?

①MSM(メチルスルフォニルメタン)は、筋肉や関節の炎症・痛み・痙攣の緩和に作用します。

タウリンの中にも存在しています。食べ物で言うと、タコ・イカ・しじみ(貝類)に多く含まれています。ただ注意点として消化が良くないので、小さく刻んだり、よく噛んで食べましょう!!

血流促進や腸内環境の改善、偏頭痛の緩和、むくみの改善など、また肝臓を休めたり、解毒作用があると言われています。ファスティング中は、カロリー摂取が少ないので、少ないエネルギーをいかに効率よく回すかが大事です。MSMは、ビタミンB1やパントテン酸の構成要素となり、糖質や脂質に代謝をフォローしてくれます。

 

②マグネシウムは、300種以上の酵素の補酵素として役割を持ち、体内のあらゆる代謝に関与している栄養素です。「マグネシウムはミネラルの王様」と言われるほど、沢山のミネラルが含まれています。食べ物で言うと、海藻類(ひじき・わかめ・こんぶ等)、煮干、干し海老、海苔、大豆食品(納豆・煮豆・味噌)などがあります。マグネシウムが不足してしまうと…イライラしたり、集中力が低下してしまいます。お酒を飲みすぎたり、タンパク質を取りすぎたり、タバコを吸いすぎたり、お肉屋砂糖を取りすぎたり…すると、マグネシウム、ミネラルが出て行ってしまうので、その分補給もしっかりしましょう!!

 

③L-カルニチンは脂肪の燃焼促進により、脂肪にたまりやすい毒素の解毒をサポートしてくれます。食べ物には、カツオ・ブリ・サバに多く含まれています。お魚が苦手(>_<)という方はサプリメントでも大丈夫です。無理せず摂取できることが1番ですね♪サポート役としてビタミンB群も摂取出来るとさらにGOODです!特に濃い葉野菜。例えば、ほうれん草・小松菜・水菜、後は納豆・大豆・味付けしていないきなこを食べると、気分もUP!!消化もUP!!美肌にも良いんです♫こうやってみると、本当に日本の食材はいいものばかりですよね!!

今、日本食を毎日食べているか?と聞かれたら「はい」と自信を持って言えないです。中華も、パスタも、韓国料理も米国料理も美味しいですもの♡だからこそ、たまにはお腹を休ませるためにも、消化のいい日本食を食べてお腹を休ませてあげましょうo(^▽^)o