不眠、頭痛、手足のしびれ・・・肩甲骨がポイント?? 宇都宮市 腰痛専門治療院

2013年07月20日

 こんにちは!自然堂整骨院の相馬です!今回は肩甲骨の重要性についてお伝えしたいと思います!

 

肩甲骨には、なんと16個もの筋肉がついてます。

 例えば肩甲骨から後ろ、背骨にかけては僧帽筋という大きな筋肉がついています。頭や首、肩甲骨まわりを動かすときには、この筋肉が働きます。僧帽筋の下には大・小菱形筋がついてます。また、肩甲骨いから肘の内側に向かっては、上腕二頭筋がついてます。いわゆる「力こぶ」です。

 このように肩甲骨からは頭・首・背中・腕、胸まわりなど、上半身のあらゆる部位の筋肉が伸びてます。

 

 このため、肩甲骨が正しい位置にないと、これらの筋肉がすべて無理な状態におかれることになります。引き伸ばされる筋肉もあれば、縮まったままの筋肉もあり、いずれにしても正常な働きができません。

 肩甲骨が正しい位置にセットされれば、肩甲骨から伸びるすべての筋肉がリラックスして、正常な働きを取り戻します。ところが、肩甲骨と胸郭の間が狭くなってくると、肩甲骨が正常な位置に戻れないため、周囲の筋肉も引き伸ばされたままになります。

 

 緊張状態が続くために寝ていてもリラックスできず、寝つきが悪く、眠りが浅くなったりします。また、いくら寝ても疲れが取れなかったり、寝起きが悪かったりするのも、肩甲骨のせいかもしれません。

 

 このように、肩甲骨は非常に重要な骨であり、肩甲骨のまわりの筋肉が固まることで、「しびれ・頭痛・めまい・耳鳴り」など、様々な症状の引き金になり得ます。

 

 自然堂整骨院では、肩甲骨の動きを改善する治療を行っております。その結果、様々な症状の改善することができております。多くの患者様から喜びの声もいただいております。

 

もし、なかなか改善されない症状がありましたら、原因は「肩甲骨」にあるかもしれません。お困りの方いらっしゃいましたら、自然堂整骨院までご連絡して頂ければと思います。