熱中症対策について 宇都宮 今泉 整骨院

2013年07月19日

こんにちは。自然堂整骨院の小笠原です。

梅雨が明けて暑い日が続くようになってきましたね。

今回はこれからの時期に注意が必要な〝熱中症″についてお話したいと思います。

 

●熱中症

熱中症とは暑熱環境で発生する障害のことで、熱失神、熱けいれん、熱射病などに

分けられます。この中でもっとも重いのが熱射病で、これは死亡事故につながることも

あります。

 

予防としては、体調不良のときは長時間の陽射しにあたることを避けることや、

水分補給(特にスポーツドリンク)を細目に行うことがあります。また、熱を逃がすために

通気性の良い服装をすることです。

 

もしも熱中症になってしまったら、涼しくて安静にできるところに移り、

頸や腋の下、足の付け根を冷やして体温を下げてください。また、服も熱を逃がすために

少し緩めると良いでしょう。

 

最近は夜寝ている時に熱中症になる方も増えてきています。

予防のために寝る前に水分補給を行うことや、布団の近くにペットボトルに入った

飲み物を置いとくと良いでしょう。

 

 

これからどんどん暑くなっていくと思うので

是非以上のことを覚えておいてください。