猫背・体の歪み・骨盤矯正 日常生活の注意点 生活指導のできる整体院・整骨院

2013年07月17日

 こんにちは!!自然堂整骨院院長の相馬です。今年の夏は暑いですね(^^;)

熱中症や脱水症状に気をつけるため、こまめに水分補給やミネラルをとってこの夏を乗り越えましょう!

 

 今日は、よく患者様からいただく質問をご紹介したいと思います。不良姿勢と体の痛みの関係性について解説していきたいと思います。

 

Q:パソコンをするときの姿勢について教えてください

 

A:お仕事でパソコンをされてる方が多いと思います。よく来院する理由にデスクワークによる長時間同じ姿勢で、首や肩に痛みを訴えます。そこでいくつかポイントがありますのでお伝えしますね!

1.パソコンは身体の正面にセットする。

 作業スペースの関係か、体の斜めにパソコンをセットしている人がいます。しかし、斜めで作業を続けていると骨盤がねじれてしまいます。机の配置上正面にパソコンをセットすることが難しい人は、上半身だけねじって作業するのではなく、椅子ごとパソコンの正面に向くようにしましょう。

 

2.手首が肘より下にくる位置にキーボードを置く

 手首が肘よりも高い位置にあると、肩が腕全体を持ち上げるような状態になり、肩こりの原因になります。椅子の高さで調整してみましょう。

 

3.モニター画面は視線の斜め下にセット

 視線のモニター画面があると、あごが出て首がこりやすくなります。目にもよくありません。視線の斜め下にくるようにセットしましょう。

 

4.ときどき重心をチェック

 パソコンをしているとキーボードの位置の影響などで左の坐骨に重心が傾きがちです。ときどき重心をチェックして、坐骨の前の方に均等に体重が乗るようにしましょう。

 

以上、4つのポイントをアドバイスさせていただきました。姿勢の事でお悩みの方は、お気軽に自然堂整骨院までお問合せして頂ければと思います。