MENU TEL

Blog記事一覧 > 酵母君、波動電解水、SEI > 花粉症にはばんのう酵母くん!! 自然堂整骨院

花粉症にはばんのう酵母くん!! 自然堂整骨院

2013.03.16 | Category: 酵母君、波動電解水、SEI

皆さんこんにちは。自然堂整骨院後藤です。

三月に入り暖かな日が続いて過ごしやすい季節になってきました。しかし、この季節につきものなのが花粉症。今年も例年の27倍の花粉の量だそうです。花粉症の人には辛い時期でもありますね。

 

そこで今回は是非皆さんに試していただきたい「ばんのう酵母くん」での花粉症対策のお話を。

まず、花粉症とは…白血球が花粉を異物(抗原)と認識し、異物(抗原)と戦う為に白血球が「抗体」を作ります。

抗体は、抗原を捕まえた際に刺激物質を出し、くしゃみ・鼻水・涙などのアレルギー反応を起こします。その攻撃するアレルギー反応(免疫反応)が起きてしまう体質に変化してしまったのが、花粉症の人です。また、アレルギー反応で炎症(鼻、目のかゆみ等)が起こった場所には、大量の活性酸素が発生し症状を悪化させます。

【活性酸素とは?】

酸素は、呼吸によって体内に入ってきます。そしてその酸素は血液によって全身の細胞に運搬され、酸素は細胞内で糖分や脂肪を燃やしてエネルギーを発生させます。

しかしこの時、燃えた酸素の残り2%が活性酸素(強い酸化作用を持つ攻撃的な酸素)になって体内に蓄積されます。体内に侵入してきた細菌などを排除する善玉もいますが、残りの活性酸素は正常な細胞をも傷つけ酸化させる(対象とする物質が電子を失う化学反応、物質に酸素が化合する反応。この場合、体が酸化するということは細胞がさびるということ)悪玉なのです。

 

 

さて、ここでよく花粉症に良いと言われる「ヨーグルト」。

ではなぜ、ヨーグルトが花粉症に良いとされるのでしょうか?

ヨーグルトと聞いて、乳酸菌をイメージする方は多いと思います。

乳酸菌をはじめとする発酵食品を生成する微生物には、腸内環境を整えるという働きがあり、腸内には善玉菌と呼ばれる菌と、悪玉菌とが常駐しています。腸内環境を良くしてくれるのは、これらのうちの善玉菌が増えて優位になった時です。腸の内部で善玉菌が増えると、老廃物などが体から排出されやすくなり、また新陳代謝も活発になります。

こうして血流が改善されると、腸そのものも働きが活発になり、また脳の働きもさらに活性化されます。これにより抗酸化作用(活性酸素から体を守る作用)といった効能が得られることになるのです。

「ばんのう酵母くん」はタンポポ根+ヨモギ葉濃縮エキスの発酵液で、善玉菌の代表的な存在である酵母2億1千万個と乳酸菌1億4千万個(乳酸菌と酵母菌の相乗効果で善玉菌が更に増える)が腸内環境を整え、活性酸素除去能力(抗酸化作用)により消炎作用が働き花粉症の症状を緩和してくれる働きがある、と考えられます。

 

是非とも花粉症でお悩みの方はこの機会に「ばんのう酵母くん」をお試し下さい!!

 

 

当院の情報

                                            
院名自然堂整骨院
院長小菅 裕之
診療項目骨盤矯正,交通事故治療,肩こり,腰痛,むちうち 等
所在地〒321-0962 栃木県宇都宮市今泉町2543-61
電話番号028-680-5380
最寄り駅JR宇都宮駅
連絡方法電話・お問い合わせフォーム
駐車場12台完備
営業時間9:00~12:00/15:00~20:00
休診日日曜午後
URLhttp://sizendou-seikotuin.com