肩こり・頭痛でお困りの方は宇都宮市今泉町自然堂整骨院で治療を!!

2012年12月18日

こんいちは!自然堂整骨院の後藤です!今回は日常生活でもよく起こる「頭痛」についてお伝えしたいと思います:)

 

 みなさんは、頭痛についてこう思っていませんか…「頭痛に種類なんてあり得ない。痛みも変わることはない。」と…それは大きな間違いです。頭痛による分類・種類は、明確に定義付けされているのです。まず、頭痛は大きく2つに分類することができます…症候性頭痛と機能性頭痛です。

○症候性頭痛…頭痛を引き起こす原因として、何か別の病気が関与している場合を指します。例えば脳疾患障害(脳内出血・クモ膜下出血等々)・副鼻腔炎・眼疾患といった原因によって、頭痛が引き起こされる…

○機能性頭痛…頭痛に悩まされているため、頭部を検査したとします。しかし、病的根源は全く見受けられない…つまり、病変はないにも拘わらず慢性的な頭痛に悩まされる症状を指します。そして機能性頭痛は、3つの種類に分類することができます…それは偏頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛です…

●偏頭痛…「ズキンズキン」と鋭い痛みが、頭部の片側に発症する症状を言います。「前兆のある偏頭痛」と「前兆のない偏頭痛」があり、酷い場合には吐き気・嘔吐を繰り返してしまうこともあります。また偏頭痛は、血管性頭痛とも言われています(血管性頭痛=頭皮の血管(動脈)の拡張が原因で、激しい頭痛を伴う症状

)。
群発頭痛…偏頭痛は10歳代(思春期)から発症しますが、群発頭痛は20~40歳代の男性に多く見受けられる激しい頭痛の症状です。群発頭痛の特徴として、片側の目(の奥)・側頭部に針で突き刺すような痛みを生じます。群発頭痛が酷い症状の場合、同じ側の目が結膜充血・流涙などの伴うこともあります。一度、群発頭痛を引き起こすと1~2時間で痛みは引きますが、その痛みが1~2ヶ月間続きます。そして1~2年の周期をおいて、繰り返される特質を持っています。

緊張型頭痛…頭痛で悩まれている70~80%の人が、緊張型頭痛を発症していると言えます。普段、私たちも何気なく肩を触って、首をグルグル回し「今日は肩が凝ったなぁ。首も回すとゴリゴリ音も鳴る」…このように後頭部~頸部(首)・肩にかけて、筋の緊張状態によって起こる頭痛の症状を指します。偏頭痛のような鋭い痛み・吐き気・嘔吐は起きませんが、酷い症状の場合、頭を締めつけるような痛みを発症することもあります。

このように頭痛といっても、何気ない日常生活の中で起こりうる頭痛もあれば、脳血管障害の起因によって頭痛を発症するものまで、様々な種類があるのです。私たちが頭痛を発症した場合、こうした症状をチェックすることで予測をつけることは出来るかもしれません。しかし、頭痛が長期間続くようであれば、治療院でしっかり診察を受ける必要があります。

 

当院は頭痛で来院される患者様が多く、機能性頭痛から改善された肩が数多くおります!頭痛でお悩みの方いましたら、お気軽に自然堂整骨院までご来院ください!