アキレス腱炎 足首捻挫 宇都宮市越戸在住 32歳 T・Kさん 女性 

2012年10月5日

この方は、バトミントンをやっていてアキレス腱付着部と足首を痛め来院されました。圧痛(+)、伸展時疼痛(+),腫脹(+)でした。

アキレス腱炎であると診断し、局所冷却法と超音波で疼痛緩和に努めました。3回目くらいで症状が落ち着きました。

 

この疾患の特徴は、長く走ったりすることで、徐々にアキレス腱に負担がかかり、痛みや腫れが生じるのがアキレス腱炎です。アキレス腱にはふくらはぎの筋肉である腓腹筋とヒラメ筋という筋肉があります。この筋肉が合流してアキレス腱を構成しています。アキレス腱はかかとに付着するのですが、この部分は細くなっているために炎症を起こしやすいのです。

 また、運動をしない方でも、女性には先天的にかかとの骨が後ろに突き出てる人が多くいらっしゃいます。その場合、膝からかかとまでの距離が長くなってしまうため、アキレス腱が伸ばされて、炎症を起こしやすくなってしまいます。

 

このような痛みでお困りの方は、お気軽に当院にご連絡下さい!!