ぎっくり腰

このようなお悩みはありませんか?

宇都宮市自然堂整骨院のぎっくり腰

  • 一度ぎっくり腰になり、癖にならないか心配
  • 朝起きるとき、腰が痛い
  • ぎっくり腰になってから、すぐに腰が疲れる
  • 腰を冷やしたらよいのか、温めたらいいのか分からない
  • 重いものをもったり、屈む姿勢が怖い

ぎっくり腰とは、ギクッとした衝撃で急に発症し、腰に痛みがあり、動きが制限される腰痛の総称です。腰椎が瞬時にずれてしまうので、筋肉が負荷に耐えられず炎症を起こし痛みを生じさせます。

ぎっくり腰になる原因は?

原因は沢山あります。
筋挫傷(ざしょう)、肉離れ、捻挫、ヘルニア、骨そしょう症による圧迫骨折などがあります。

日頃運動不足による筋肉の柔軟性の低下や、筋力低下で背骨の安定性が低下すると、不良姿勢によるちょっとした負担でも背骨周囲の組織が傷ついてしまいます。

ぎっくり腰の強い痛みは、組織自体が傷ついた痛みもありますが、急性期の痛みの原因は、損傷した組織を守るために筋肉の緊張が強まったり、筋肉のけいれんが起きることが、主な要因であることが多いです。

また、関節のちょっとした歪みも、筋肉の緊張や痙攣を引き起こします。

ぎっくり腰の治療方法は?

ぎっくり腰の治療は急性期に、背骨や筋肉のずれを直しておくと回復を早めることができます。

急性炎症の時期は、マッサージや強い整体は炎症を増長するため、家族にマッサージをしてもらうことはやめましょう。

急性期の炎症症状の時期に、炎症を悪化させずに、筋肉の緊張緩和や、関節のずれを、軽く優しい治療法で改善することになります。

もちろん炎症を鎮めるために、安静にする事が大切ですが、より早期回復を促すために筋肉のけいれんを和らげたり、炎症物質の除去、患部の固定、などが病状の時期により必要となります。