保険適用が打ち切られてしまうケース

ご存知でしたか?

交通事故に遭った場合は、保険で事故治療を受けることができますが、完全に怪我が治っていなくても治療が打ち切られてしまうことがあるのをご存知でしょうか。

交通事故治療は後遺症が残りやすく、長期に渡る通院が必要なケースも多いため、もし保険を打ち切られてしまったら、費用の負担が大きくのしかかることになってしまいます。

こちらでは、保険が打ち切られてしまうケースを紹介いたします。

保険適用が打ち切られてしまうケースとは?

通院日数が少ない

多くの保険会社は、保険の打ち切りを、打撲は1ヶ月、むち打ちは3ヶ月、骨折は6ヶ月を目安にしています。

過度に通院する必要はありませんが、週に1回や2回程度しか通院していないと、状態が良好になっていると判断されてしまい目安通りに保険を打ち切られてしまうことがあります。

通院日数が少ないことは、保険の打ち切りを決める大きな理由となってしまうため、しっかりとした通院実績をつくることが大切です。

症状固定と判断された場合

通院日数が長くなると、保険会社から「症状固定と判断したので後遺障害診断書をとって欲しい」と電話がかかってくることがあります。

医学的に言えば、症状固定とは状態に対して改善がこれ以上見えない場合に対して適用されるのですが、保険会社的には保険の打ち切りを意味していることが多くなっています。
症状固定を認めてしまうと、その後の事故治療や施術では保険が適用されなくなってしまうので、痛みが残っている場合は簡単に応じないようにしてください。
医師に症状固定と言われた場合でも、改善されている実感がない場合は医師にそのことを伝えて相談し、医師から保険会社にその旨を伝えてもらうようにすることが大切です。

症状固定を判断するのはあくまで医師なので、保険会社が決めることではありません。

宇都宮にある自然堂整骨院では、肩こりや腰痛などの施術を行っているだけでなく、交通事故によるお悩みにも対応しています。

示談や交渉などの法的なサポートも行っています。すでに病院に通っている方でも相談できますので、お気軽にご利用ください。