腰痛を悪化させないための生活習慣

このようなお悩みはありませんか?

宇都宮市自然堂整骨院の腰痛

  • 座りっぱなしで腰が重い
  • 立ちっぱなしで腰が痛い
  • 重いものををよく持っているため腰がこる
  • ヒールの靴を履くと腰が痛くなる
  • 同じ方向にばかり鞄を持ってしまうため片方の腰だけが痛くなってしまう

腰痛が悪化する原因

座りっぱなし、立ちっぱなし、また重いものを持つことは腰に負担をかけることになります。
そして、同じ姿勢をとり続けるということは、身体が硬くなってしまう原因となります。
身体が硬くなると、血流が悪くなります。
身体を支える筋肉は血流が多い臓器ですから、血流が悪くなるということは痛みにつながるのです。

腰痛を悪化させないためには?

腰痛を悪化させないために、生活習慣に気を配りましょう。

腰に負担をかけないよう、座りっぱなし、立ちっぱなしの仕事だという方は、休憩時間に軽く歩いたり、ストレッチをしたりして筋肉を動かしましょう。

腰をひねる、重いものを持つという動作は、ギックリ腰になる可能性があるのでできるだけ避けてください。
急に体を動かすのは危険なので、なるべく慎重に体を動かして腰の負担を軽減させましょう。

運動不足の人は身体が硬くなっていて腰痛になりやすいです。

ストレッチをする

ストレッチをすると柔軟な筋肉になって血流が良くなるので、腰痛予防になります。

お風呂上がりの身体が温まった状態でストレッチをする習慣を身につけましょう。

反動をつけたストレッチは逆に腰を痛めてしまうので、息を吐きながらゆっくり筋肉を伸ばすことを心がけてください。

ストレッチは、腰痛で悩んでいる妊婦さんにもおすすめです。

腹筋と背筋を鍛える

腹筋と背筋は腰回りを支えるために必要な筋肉です。

この二つの筋肉が衰えると自分の身体を支えられなくなり、腰に大きな負担がかかってしまいます。

腰痛体操などの腰への負担が少ないトレーニング方法で腹筋と背筋を鍛えましょう。どちらか一方を鍛えすぎると筋肉のバランスが悪くなって腰痛を悪化させてしまうので、腹筋と背筋の両方をバランスよく鍛えることが大切です。

これらを日常生活に取り入れて、腰痛に悩まされない健康な身体を目指しましょう。

宇都宮市にある自然堂整骨院では、腰痛やぎっくり腰、肩こりに対応した施術と美容整体という施術を行っています。

腰痛がつらくて仕事がはかどらない方や、妊娠して身体の調子が良くないという妊婦さんは自然堂整骨院へお越しください。