交通事故で残りやすい後遺症

このようなお悩みはありませんか?

宇都宮市自然堂整骨院の交通事故治療

  • 首の痛み
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 眩暈
  • ぎっくり腰

事故の後遺症の原因

椎骨のなかでも頚椎は弱い部分です。

頭部を支える頸椎(首の骨)は、腰部や胸部と比べると、構造的に差があります。
頸椎の1番上にある骨には軟骨がありません。それは交通事故などの大きな衝撃を受け、頸椎骨折した場合に生命の危機を回避するため、安全装置の役割としての構造ですが、可動域の広い箇所なので日常生活での悪い姿勢やくせによって微妙にずれていきます。

交通事故で、外傷がなかったり外傷を治療したりしたとしても、事故で受けた衝撃から数日後に後遺症が現れることもあります。
そのため、交通事故治療院で適切な処置が必要となってきます。

交通事故治療を行っている専門院は、口コミサイトなどの情報から得ることもできます。

交通事故での後遺症の種類は?

頚椎捻挫

交通事故の後遺症で最も多いとされているのが頸椎捻挫(むち打ち症)です。
追突事故の場合、予測不可能な方向からの衝撃により首の筋肉が緊張し、収縮してしまうのです。弛緩できなくなった首は衝撃を吸収するためにしなるようになっています。追突事故などは、全身に相当な衝撃が走ります。
例えば体重が50キロの大人が、時速40キロで衝突された時の衝撃は1.5トンといわれています。これは6メートルの高さから、堅いコンクリート床に叩きつけられる時にかかる衝撃と同じなのです。
首の痛みの他に、頭痛や吐き気、めまいといった症状が出ます。

腰椎捻挫

追突事故などでむち打ちと一緒に起こりやすい症状です。
ぎっくり腰といわれる症状です。手や足の捻挫のように力が加わり、骨と骨をつなぐ椎間板に無理がかかり捻挫を起こします。不自然な状態で腰をひねるため、激痛が走ります。

根症状症

圧迫され刺激を受けた頸椎の神経に痛みやしびれが起こる症状です。
大きな衝撃により強い圧迫が神経にかけられた場合、上腕だけでなく手・指先にまで痛みとしびれが起こります。最悪の場合は麻痺が残ることがあります。

当院は栃木県宇都宮市にある整骨院、自然堂整骨院です。安心して通院できる環境を心がけており、交通事故に遭った時のご相談から緊急時の処置のご相談まで対応させていただいております。