交通事故が発生した時の対処法

宇都宮市自然堂整骨院の整体

安全運転を心がけているとはいえ、いつ何処で遭遇するか分からない交通事故。いざ自分が事故に巻き込まれてしまうと、どうすれば良いか分からずパニックに陥る方が多いと思います。

万が一の時に備え、交通事故が起きた時の対処法について学んでおきましょう。

負傷者の確認

交通事故が発生したら、とにかく人命救助を再優先に行動してください。他の車や歩行者に邪魔にならないよう速やかに車を停車させ、負傷者がいないか確認しましょう。万が一、大きなケガをしている、もしくは意識がない場合は、すぐに119番に連絡を入れて救急車を呼んでください。その際、無理に身体を動かすと危険な可能性もありますので、容態が悪化しないよう係員の指示に従いましょう。

警察に事故の連絡

交通事故を起こした場合、どんな小さな事故でも必ず警察へ連絡を入れてください。中にはケガ人がいないからといって、加害者と被害者で話を済まそうとする方もいますが、保険会社へ保険金を請求する際に「事故証明書」という書類が必要になりますので、必ず通報するようにしましょう。また、交通事故が起きた時は動揺して、正常に話をすることができない場合もありますので、一旦気持ちを落ち着かせてから、事故の状況を詳しく伝えてください。警察を待っている間は、相手の身元確認と事故当時の状況を話し合い、お互いの言い分が食い違うことがないように整理しておきましょう。

加入している保険会社に連絡

警察へ事故の通報をした後は、自分が加入している保険会社への連絡も忘れずに行ってください。過失や弁償など様々な問題が出てきますが、担当の方へ事故の状況を報告し、その後は保険会社に任せましょう。

むち打ちの確認

例え、身体に痛みがなかったとしても、数日経過して首や背中が痛くなったり、吐き気の症状が出てくる場合があります。むち打ちになっていないか確認をし、なるべく早めに病院や交通事故治療院にかかることをおすすめします。

当院では、交通事故の後遺症による施術はもちろん、様々なご相談にも的確にお応えしております。場所は宇都宮市にございますので、周辺にお住まいの方はお気軽にご利用ください。